民間企業の場合、勤続年数が長くなればなるほど、その会社の業務しかできなくなってしまい、転職するのが難しくなってしまうのが一般的です。
それに対して看護師の場合、病院の方針には若干の違いはあっても、病棟や外来勤務などを1年でもすれば、他の病院へ行ってもほぼ問題なく働き始めることができます。



外来未経験でも病棟勤務から転職するケースだって良くあるし、保健所・保健センターや訪問看護といった職種に移ることもありがちなケースです。
看護師という資格は、働き方をものすごく選びやすい恵まれた職種なんです。看護師を止めて民間企業に転職するとなると、逆に給料が大きく下がったうえに、さらにストレスを増やす危険の方が高くなります。



看護師はいろんな働き方ができますから、自分に合った仕事ができれば、怖さや不安も大幅に減らすことができます。
たとえば個人クリニックの内科であれば、重患が来る可能性は限りなく小さく、地域住民の健康管理が主な仕事になるため、ゆったりとした働き方ができます。



他にも採血が苦手じゃなければ、血液センターで献血バスや献血ルームで献血といった業務を選ぶことができるし、健診センター・人間ドックであれば身体測定、問診の記入といった仕事になります。
看護師は自分の適性に合わせて、幅広く働き方を選べます。「今の病院で3年は頑張らないと。」とか「病棟で1人前になれなきゃ看護師としていつまでも半人前」なんていうことは一切ありません。