もともと責任感が強く、問題があれば一人で抱え込みやすかった看護師のAさん。とあるインシデントを起こしてこっぴどく叱られたことをきっかけに、仕事を怖いと感じるようになっていました。

仕事中は些細なミスもしないように精神を集中させるようになり、それが災いして他のことに気が回らなくなって、逆に仕事の効率を大きく下げるようになっていました。



夜勤中にナースコールに気づくのに遅くなってしまい、あわやまたインシデントという事態を起こし、看護師という仕事に対してますます自信を無くしていました。

仕事がトラウマの様に怖くなり、看護師に向いていないんじゃないか?とすら思い始めていたAさんですが、今も看護師として活躍を続けています。



看護師の仕事がすっかり怖くなってしまったAさんはどうやってピンチを残り超えたのか?このブログで詳しく紹介しています。




■ゆったりとした働き方もできる!

看護師は、別に病院やクリニックじゃなくても、いろんな場所で働くことができます。


参考記事:看護師の働き方は病棟・外来以外にもいろいろあって選び放題!


訪問看護や検診センター、製薬会社のコールセンター業務もあれば、病院内でも慢性期病棟(療養病棟)なら急性期のような慌ただしさがなくなります。

いったん、非正規になるという選択肢だって選ぶことができ、この場合、離島やリゾート地などで短期派遣として働くといったこともできますよ。



■看護師が転職するには?

看護師の転職事情も民間に比べると非常に恵まれていて、景気に左右されることなく常に人材不足が続いています。看護師が有利な立場で転職活動を進められるようになっています。

ただし、より良い求人をゲットするには、一人で転職活動するのは避けてください。プロの力を借りなければ、看護師といえど、転職に失敗してしまうケースがあります。



どの業界でも「事前に聞いていた話と違う!」といったミスマッチが起こり得るんですが、転職失敗を防ぐには、転職を知り尽くしているキャリアコンサルタントにサポートしてもらうのが一番です。

看護師の転職サイトに登録をすれば、キャリアコンサルタントが担当としてついてくれて、転職にまつわるあらゆる雑務を代わりにやってくれます。



条件に合った病院探しから、面接日の調整、今後のキャリア相談などなど、幅広く対応してもらえるし、なんといっても、病院の内部事情も詳しく聞き出せます。

ハローワークなどの求人票のような表面的な情報ではなく、有給消化率や看護師同士の人間関係、病院の雰囲気などなど、気になることはほぼすべて事前に知ることができます。



情報源は、すでにその病院へ転職した人なので、現場の生の声を教えてくれるわけです。




■おすすめの転職サイト

看護師の転職サイトは、少なくとも50サイト以上を確認していて、理想を言うと全てに登録したほうが良いです。求人情報が異なっているので、より幅広く求人を集められます。

ただ現実的には、全てを使いこなすには、時間も労力もかかります。プライベートで休む時間もなくなってしまいますから、3サイトくらいに抑えておくのが良いです。



そこで、ここだけは登録したほうが良い!というサイトを3つに絞ったので、紹介しておきますね。



【看護のお仕事】給料アップ交渉にめっぽう強い!




【ナースではたらこ】入職後のアフターフォローも充実!



【マイナビ看護師】病院の要望を踏まえた面接対策が丁寧!





この3サイトはいずれも大手で実績も充実しているので、非公開求人も豊富に抱えています。非公開求人とは、一般公開すると求人が殺到するような人気の病院や、条件の良い求人です。

キャリアコンサルタントもベテランがそろっているので、こちらの要望にはたいてい、素早く行動をして結果を報告してくれます。



かといって転職をせかされることもなく、あくまでも自分のペースで転職を進められます。早く転職したければ最短1ヶ月半、長い人だと2~3年がかりでゆったりと転職を進める人もいます。

いずれにしても、自分に合った求人はいつ出てくるかわからないので、登録だけは早めに済ませておくのが良いですよ。



3つのサイトともすべて登録は無料。登録作業もネット上で最小限の個人情報を登録するだけだし、不安を感じたら解約もすぐにできますよ。